パッケージの寿命と一致する紙素材

企業は環境問題にとても敏感です。ある会社は、環境問題を考えた場合、紙の消費はまだまだ上昇するだろうと発表しました。そのことから、木質系の紙から別の製品の開発への参入を決めた会社もあります。木が成長するには10年から20年。紙製の包装容器の寿命は平均で3ヶ月から6ヶ月。木が成長する期間と紙製パッケージが使用され回収され、破棄されるまでの期間は一致しなければならないという人もいます。木材は建築素材として、建物の寿命と木の成長期間が一致している点で完璧な材料だといいます。パッケージの寿命期間にもっとあった紙素材を見つけることが急がれます。製品の品質と製造コストの両立を考える必要もあります。どの酵素を使うべきかを考えるとき牛を参考にになります。牛が干し草を食べると胃の中の酵素が高度な繊維質に変化を起こさせるからです。