スナック菓子の包装

スナック菓子と言えば、そのほとんどが油で揚げたもので、少ない水分と油脂に富む食材は、ご多分に漏れず湿度を嫌い油脂による酸化を如何に防ぐかにかかっていました。特にスナック菓子の代表格とされるポテトチップスは、せんべいのように表面積が広い分劣化も速く、さらに味付けのため表面についている油脂は特に酸化が早いことで知られ、そのために通常の防湿、光や酸素の遮断性が一層強化された包装形態が求められていました。そこで使われたのがアルミ蒸着フィルムをベースとした複合材に加え、窒素置換包装を併用する包装。このようなスナック菓子包装用の材料としてはOPP(二軸延伸ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)、VM-PET(アルミ蒸着ポリエステルフィルム)など各種の包材が使用されており、窒素置換包装や含気包装を支えています。