腸詰から名称のついたプラのケージング

ソーセージに使われている包装(業界ではロケット包装と呼ばれています)にもいろいろな特性を満足する包材が使われているとともに、製造工程にも興味ある流れとなっているのでご紹介したいと思います。材料としてはポリ塩化ビニリデン系とナイロン系の2種類が存在し、用途に応じ使い分けられています。これらのフィルム状素材をまずは専用包装機械で円筒状に成形していきます。合わせてシールしながらチューブ状とし調味されたペースト状の食材をノズルからそのチューブ状にされた包装材へ充填します。そのあと両端をアルミワイヤーで縛り密封し切断となります。両端を密封したチューブ状のソーセージは高温加圧状態でレトルト殺菌され、熱収縮されると最終のいつも見かけるお馴染みの製品としてのソーセージが完成です。このようにして常温でも長期間保存が可能なソーセージとなって世に出回ることとなります。ここで高温加熱殺菌とよばれるものは、食材により75℃で約30分~1時間と言われ、肉製品などは中心温度が121℃で4分相当以上となり、常温での長期保存が可能となる設定となっています。このロケット包装に使われるチューブ状にしたプラスチックフィルムはケージングと呼ばれていますが、この言葉の発祥はウィンナソーセージに使われていた羊や牛の腸からきているものと言われていましたが、今ではこのソーセージのような食肉加工の一次包装の名称としても使われており、天然ケーシングとプラスチックケージングという2種類のケーシングが存在しています。