暮らしのなかのエコロジーと向き合うために

令和2年7月1日より全国的に開始されたプラスチック製レジ袋の有料化は、皆さんの暮らしにどのような反響をもたらしておりますか。世界的にもプラスチック製品のゴミ処理が問題視されるなかで、その大きな問題の要となっているのはプラスチック素材が自然界の循環サイクルの中で、新たなる資源としてよみがえることが容易ではないことにあるようです。プラスチックはその特性として耐久性があり安定性に優れた素材である上に安価であることから、皆さんの生活のあらゆるアイテムに活用されてきました。プラスチックは近年の大量生産大量消費の中で人々がその素材を選択したことから、世界中でもてはやされるマテリアルとなったようですが、快適で便利な暮らしの代償としてプラスチックに含まれる化学物質の安全性やゴミ処理の問題などが今後の大きな課題となっております。日本では特に過剰包装体格などとして、食品のプラスチック包装やプラスチック容器が問題視されてもおりますが、この度、全国規模で開始されたプラスチック製レジ袋の有料化とともに、人々のエコロジー的な観点が暮らしの中に息づくことを願っております。