脱酸素剤の包装材料

2019年8月3日 0 投稿者: admin

食品などを買うと脱酸素剤というのが入っているかと思います。
真空パックやガス置換包装だけでは酸素が抜けないようです。
脱酸素剤にも種類があるそうです。
脱酸素剤には、油脂食品やナッツ、ビタミンなどの酸化防止に加えて、変色や退色を防止する効果があるそうです。
真空包装やガス置換包装に比べて、脱酸素効果が優れているそうです。さらに変色や退色の防止、カビ抑制、虫害防止などの効果があるそうです。
使用上においては、発熱の心配や封入位置と作業短縮、容積減に留意するようにしなければならないそうです。
脱酸素剤用の包装材料として、KOP,KON,KPETなどの酸素遮断複合袋が一般的だそうです。EVOH、蒸着品、アルミ箔などのハイバリア袋も使用されるそうです。
鮮度保持剤には、半生菓子などのカビ防止に効き目があるエチルアルコールを含んだ粉末のアルコール製剤保持剤があるそうです。
また、果実が熟すとエチレンガスを放出するということで、それを選択的に吸収する熟成ガス吸収剤があるそうです。
呼吸量の大きな青果物としては、アスパラガス、ブロッコリー、マッシュルーム、ほうれん草、スイートコーンがあるそうです。
エチレン生成量の比較的多い青果物としてはりんご、スモモ、アボカド、メロン、キウイ、パパイヤ、ネクタリン、もも、洋梨などがあるそうです。
高級な果実に使われることが多いそうです。
水分を調整する技法があるそうです。
吸水性高分子は、衛生用品であるおむつや生理用品に、化粧品のパック剤、医療材料として人体埋め込みなどにも使われているそうです。
他にも芳香剤、蓄冷剤、ケミカルカイロ、人工雪、農園芸用、土木、建築用にも使用されているそうです。
食品などの包装用に使うように開発がどんどん進んでいるようです。