食生活の変化への対応

2019年7月18日 0 投稿者: admin

食生活の多様化は包装を進化させているといえるようです。

食生活のキーワードとして、食べやすさということが求められているかと思います。

昔からあったスナック菓子などの中には、スマホ社会になってから「手が汚れる」という理由で売上が落ちてしまったり、販売中止に追い込まれてしまったものもあるようです。

それらのニーズに応えて、手を使わずに食べることのできるパッケージにして売上の回復を狙ったりしているそうです。

食事の個食化と個性化というのもあります。また高級志向だったり、健康への関心はとても高いそうです。アウトドア化もありますし、簡便な調理化というのもあるかと思います。

家食が定着してきて、テイクアウト化というのも増えているそうです。

安全化、割安化というのも重要だそうです。

食生活も変化しているようです。

高齢化社会になって、柔らかい多水分系食品が好まれるようになったそうです。

また淡白な味でも出汁などを高級化して美味しく食べられるように工夫もしているかと思います。

低糖質、低カロリー、低脂肪、低塩など、ダイエットや健康志向のニーズは昔からとても高いといえるようです。

単身者の増加などで簡便性や利便性が求められているようです。

インスタント食品や冷凍食品の利用も高まっているようですし、加工食品利用やテイクアウトというのもたいへん人気があるかと思います。

また、高齢の単身者も増えているということで簡単に開けられるというのも大切だそうです。

ミニ化にも対応していくことも必要だそうです。また簡易に処理できるということ、包装された素材を使い家庭で手を加えて完成品に仕上げる手作り志向というのもあるそうです。

高品質で低コストというのはとても求められているようです。