食品包装は品質保持のため

2019年7月4日 0 投稿者: admin

包装は食品保存ができることも求められているそうです。

現代では核家族化、高年齢化ということで食生活にもさまざまな要求があるといいます。

多水分形食品、低塩、低糖などのニーズはあるかと思います。

昔ながらの乾燥、塩漬け、砂糖漬けという保存方法というのもすっかり見なくなったと思います。

これらに代わるものが食品包装だそうです。そして保存できる包装というのが求められているといいます。

流通の面でも包装での調節が必要となってくるようです。

包装に機能をもたせることが必要ということだそうです。おいしく衛生的に安全に長持ちするということが大切だそうです。

食品包装には社会のあり方というのが大きく関わってくるそうです。

多様化時代といわれている現在、高齢化問題、核家族化の進行、主婦の就労率の上昇、生活の維持、国際化、自由貿易化への対応、食糧自給率の低下、安心・安全の確保、環境問題、省資源や省エネルギー対策、労働環境の整備、労働時間短縮などを考えることが求められているそうです。

個人的ニーズということで、自己主張、選別消費があるかと思います。

健康への関心も高く、安い輸入品を買ったり、あるいは避けたり、高級食材を買う日もあったりするようになったそうです。

核家族の中でも、それぞれの好みが反映される食卓になったり、孤食ということもいわれたりしているかと思います。

また簡便性、携帯性、いろんな種類を少しだけ買うというようなこともあるかと思います。

料理の時間を短くするということもありますし、産地直送のように新鮮素材を手軽に買えるようにもなったと思います。

食品の保存は、このような個人のニーズと志向に応えていかないといけないそうです。