生鮮食品の鮮度保持に必要なもの

包装

 

食品と聞いて、多くの人がまず頭に浮かべるのは生鮮食品でしょう。

 

生鮮食品は鮮度が命だと思います。

その鮮度というのは例えば野菜ならば「収穫直後/とりたて」をイメージしますが、とりたてが食べられる人はその野菜を作っている人だけになりがちだと思います。
産地直送を望んだら、鮮度を保って食卓まで届けて欲しいと思ってしまいます。
劣化を防ぐための青果物の包装材料として、ガス透過性、水蒸気透過性、防曇性が基本的に必要だと思います。

さらに流通適性および、消費者に対して安全で使いやすい材料と包装の設計が兼ね備えれたものでなくてはならないと思います。

 

鮮度保持包装フィルムとして、非多孔透過性フィルムがあるそうです。
ポリ4メチルペンテン−1フィルムは、比較的大きな自由体積を持っているため、酸素、炭酸ガス、窒素、エチレンガスなどの透過性が大きいそうです。

青果物や花類のMA包装に適するそうですが、透湿度が大きいために水分蒸散に少し問題があるそうです。

透湿性ポリエステルフィルム、延伸による空洞含有フィルム、熱針による機械的穿孔、溶融法、電気的方法、レーザービームによる微小貫通ピンホール加工と種類や方法はいろいろあるようです。

貫通孔、非貫通孔ともに加工可能は方法が開発されているそうです。

 

包装形態としては、個包装とダンボール内袋用のような大袋集合包装、容器蓋剤に分けられるそうです。
非密封型溶断シール袋、非密封開孔型溶断シール袋、折畳型ダンボール内袋、二重包装、ハンカチ包装、バンド掛け、変形包装袋、密封包装、自動充填包装用袋などがあげられるそうです。

最近では、密封包装にして欲しいという要望も高く、フィルム全体か部分的にガス透過性を高めた特殊フィルムが実用化されているそうです。

これらのことで、新鮮な青果物の供給、流通革命にとても重要な役割を果たしているといえると思います。